2014年03月01日

生徒さんの報告&感想

先日、予防医学勉強会を開催した後に生徒さんからメールをいただきました。
この内容が、これから体質改善などに取り組もうか迷ってらっしゃる方々の励みになると嬉しいです黒ハート


Aさん
震災後、体重が9kgも減り、不眠症にかかり、体調が最悪な日々が続いていました。
朝目覚めるとカラダがダルく、腕を動かすのすら億劫で、起き上がれない。
気合いでなんとか起きれる日もあれば、午前中いっぱい寝て、午後ようやくカラダが動くようになっても、ひたすらダルい1日で、まともに動けないでグダグダしてばかりの日もありました。
もともと弱かった肺機能が悪化し、ムリをすれば気管支炎喘息になり3〜5日ほど寝込んでしまう。
1ヶ月に最低1度は寝込み、体重は一向に増えない。

そんな日々が、自力整体を習い始めてから少しずつかわっていきました。
例えば、朝目覚めて、動かないほどダルいカラダをなんとか動かして、教室へ向かう。
気管支が弱いせいで、教室に着く頃にはゼェゼェいって呼吸が出来なく、今にも倒れそうな中、とにかく最初の30分をしんどいけど、無心で行う。
徐々に楽になってきて、3ヶ月目ぐらいには終わる頃にはどこか出掛けたくなるほどにスッキリしてるのを感じたり、あれだけ重かった手足に力が満ちているのがわかりました。
半年も経つと、朝ダルいけど動ける日々が多くなり、3日も寝込むことはほとんどなくなり、肺がゼェゼェいうことも少なくなってきました。

また、月経時にあったじくじくした痛みが改善されました。
通い始めた頃、教室に行く日の朝にタイミング悪く月経が始まると同時にじくじく痛みだし、もうヤダと半泣きながらも教室に着き、始めたらどんどん痛みが小さくなり、帰る頃には全く気にならなくなったことも。
お腹に気が流れているのがわかり、あぁコレが先生が言ってることかと実感できました。

先日の勉強会では、東洋医学の本を読んでもなかなか理解出来ず、繋がっていなかった個々の知識が、先生のお話しでようやく1本の線に繋がりました。
左足ばかり怪我をしたりヒザが腫れたり、股関節の調子が悪かったりするは何故か、不調の原因がわかった時はまさかと思いましたが、過去を振り返るとまさにその通りだとわかり、目からウロコでした。
自分のココロと向き合い、自分のカラダを理解することの大切さを知りました。

今は理解するだけで精一杯で、少しずつしか得た知識を吸収出来ていませんが、これからもたくさんのことを学び、実践していきたいです。
かわっていくカラダが心底嬉しい日々、ココロとカラダがもっと生きやすくなれるように前向きに取り組んでいこうと思っています。


とても繊細で敏感なAさんは、いつも変化があるとすぐに報告して下さるのです。
全ての症状を、私が体験出来るものではないので、生徒さんの報告は私にとって財産です。
皆さんには、本当に心から感謝ですぴかぴか(新しい)
posted by ゆっこ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生徒さんの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック